世界最大規模の「トリンプ」

トリンプ・インターナショナル

スイスに本社がありますが、1986年にドイツで設立された女性用下着メーカーです。日本で展開しているのは、日本法人のトリンプ・インターナショナル・ジャパン株式会社です。

「Triumph」は英語の発音では「トラィアンフ」 /ˈtɹaɪ.əmf/ 、ドイツ語の発音では「トリウンフ」 /trɪˈʊmf/ です。日本語での表記としては、トリンプ自身が称している「トリンプ」が正式なものです。

日本法人は1964年設立で、日本での下着業界ではワコールに次ぐ第2位に位置しています。そして国内でトリンプブランドの下着を製造・販売しています。トリンプ・インターナショナルの中での日本法人は技術力、新製品の企画開発力が高いためトリンプ・インターナショナルの中核的な存在となりつつあります。そして、役職名で呼ばず・・さん付で呼ぶことの推奨に、NO残業デーやカジュアルフライデーなど、企業として社会に向けてのメッセージにも取り組んでいる会社でもあります。

かわいい下着で彼を悩殺っ

スイス本社のトリンプ・インターナショナルの歴史

1886年  ドイツのコルセット業界の最盛期に、コルセットの製造職人ヨハン・ゴットフリート・シュピースホーファーと商人のミヒャエル・ブラウンが、ヴュルテンベルクのホイバッハにコルセット製造所「シュピースホーファー&ブラウン」を設立しました。創業当時は、6台のミシンと6人の従業員で始まり、コルセット業界の最盛期になった時代の1890年には早くも従業員150名へと拡大しました。1894年   イギリスからコルセットの大量注文があり、業績を伸ばし躍進します。フランスの最新モードトレンド「Sans Ventre」を取り入れて、バストとヒップを強調しウェストと腰まわりを引き締める、美の理想型のコルセットデザインを製造します。

1902年   世界中のどこでも一目で認識してもらえる印象的な商標の必要性を感じていたシュピースホーファーは、パリの凱旋門を目にした瞬間にひらめき、勝利=「Triumph」が商標となりました。

1933年   スイスのバート・ツルツァッハに初の在外支社を設立します。1930年代末には、初めて肩ヒモのないコルセットのコースレット(オールインワン)を発売します。さらにフロントホックや調節可能な肩ヒモタイプのブラジャーもこの時人気を集めました。

1942年   アメリカの実業家ハワード・ヒューズが女優ジェーン・ラッセルのためにデザインしたブラジャーを製作します。

1946年  「ビキニ」が大流行します。そして一気に業績を伸ばしました。

1953年   商号を「トリンプ・インターナショナル」と改称します。1954年から1959年にかけてベルギー、イギリス、スウェーデン、イタリア、フィンランド、ノルウェー、デンマーク、オーストリア、オランダと続々と支社を設立しいきます。

第二次世界大戦が終わった後、再び世間がルックスを重要視するようになり、女性のクビレがもてはやされることになりました。中でもバストに注目が集るなかで、初の販売価格指定ブラジャー「Diana」が誕生します。どこで買っても同一の品質が保証されるようになりました。そしてモデルが下着だけをつけて舞台に並ぶ、初の下着ファッションショーを世界各地で開催します。「下着にもっと流行を」というメッセージを世間に送りました。

1959年  ベルリンの「ヒルトン」で過去最大の下着ファッションショーを開催します。

1960年  アジア地域に事業を拡張します。1960年に香港支社を設置し、それから10年間でマレーシア、シンガポール、台湾、タイ、フィリピン、インドネシア、中国、スリランカ、ベトナム、インドに続々と支社を設立しました。日本では1964年に法人を設立しました。そして、国内3大メーカーの一角を担うようになりました。ヨーロッパでも、新たにスペイン、ギリシア、フランス、ポルトガルに支社を設立しました。

1962年  水着の生産を開始し、ビキニとワンピース水着を取り扱うようになりました。

1967年   下着メーカーとして初のシームレスカップの成形方式を導入します。着心地がよく、軽く縫い目のないブラジャーの製造が可能となり画期的なことでした。

1970年代に入ると、欧米ではフラワーパワーとミニスカート、それにサイケデデリックが大流行しました。ガードルやペチコートの需要は低下し、ブラジャーの人気も低迷しました。そんな中で、極薄のシームレスタイプのブラジャー「Einer fuer Alle」を製造します。目立たたずにバストの形を整え、試着しなくても身体に合う購入のしやすさが人気を呼び、各国で愛されるベストセラー商品となりました。そしてその他にも、伸縮性があり、安定した形状でシワになりにくい「sloggi」を導入します。「sloggi」は現在までに販売数10億点を超える国際的ベストセラーになっています。

1981年   トリンプファッションショー「Scene81」を開催。

1985年  中華人民共和国での販売を開始します。フランスの高級紳士下着ブランド「HOM」を買収。カナダ、ニュージーランド、韓国で販売会社を設立しました。

1983年  世界的にエアロビクスが流行し、スポーツブラが誕生します。

1980年代には贅沢なボディスーツ、コルサージュ、ブラジャー、ショーツなどラグジュアリー感あふれるリッチな下着が再び盛んに求められました。

1990年 フランスの高級婦人下着ブランド「VALISERE」を買収することで、トップクオリティ部門にも業務を拡大することになりました。さらに東欧およびアジア市場へ拡張し、タイ、中華人民共和国、インドに新たな生産拠点を置きます。また、余計な化学物質を製品から排除した高品質かつエコロジーにそった木綿、ニッケルを含有しない留め具を導入しました。

2002年  ヨーロッパ首都や大都市にトリンプショップがオープン。アジアでは特にインドを中心に、ムンバイ、チェンナイ、デリー、バンガロールに販売拠点を置いています。

2008年   新しいトリンプロゴを中心に、コーポレートデザイン全体を一新します。世界中の才能ある若手デザイナーを表彰する「トリンプ・インスピレーション・アワード」を創設しました。

日本法人 トリンプ・インターナショナルジャパン株式会社の歴史

昭和39年 (1964年) 西ドイツの「トリンプ・インターナショナル・ホールディング、ゲーエム・ベーハー」と日本の繊維会社による日独合弁企業として、社名を「インターナショナル・ファウンデーション・アンドガーメント株式会社」、資本金2500万円で設立します。滋賀工場にて生産開始しました。

昭和40年 (1965年)本社を東京都千代田区神田神保町に構え、資本金を1億円に増資します。直販方式によって大手百貨店でのファウンデーション販売を開始します。

昭和41年 (1966年)大阪事務所を開設。

昭和42年 (1967年)資本金を2億5千万円に増資します。福岡事務所を開設。

昭和43年 (1968年)札幌事務所を開設。

昭和44年 (1969年)名古屋事務所を開設。滋賀工場に西ドイツから輸入したの超近代的設備が完成しました。

昭和45年 (1970年)仙台事務所を開設。福野工場(富山県)の生産が開始しました。資本金4億円に増資します。

昭和49年 (1974年)「トリンプ・インターナショナル(香港)リミテッド」が全株を保有して、社名を「日本アイ・エフ・ジー株式会社」に変更します。

昭和51年 (1976年) 本社、東京事務所ともに東京流通センタービルに移転。

昭和52年 (1977年) 資本金6億円に増資します。

昭和53年 (1978年) 資本金8億円に増資します。

昭和59年 (1984年) 設立20周年を記念して社名を変更します。「トリンプ・インターナショナル・ジャパン株式会社」に社名を変更しました。

昭和61年 (1986年) トリンプ・インターナショナル本社、設立100周年を迎えました。資本金を16億円に増資します。

平成元年 (1989年)株主が「トリンプ・インターナショナル・オーバーシーズ・リミテッド」となります。設立25周年を記念して企業イメージキャラクターにアメリカのトップ女優ダイアン・レインを起用しました。

平成2年 (1990年) 資本金を26億円に増資します。

平成3年 (1991年) 各地方事務所の名称を営業所に変更。「...さん」づけ運動推進。「NO残業デー」導入。「リフレッシュ休暇」の制度導入していきます。

平成5年 (1993年) 富山県の 福野工場閉鎖。

平成6年 (1994年) 「天使のブラ」デビュー。「がんばるタイム」導入。滋賀工場閉鎖。

平成7年 (1995年)  トリンプ静岡センター(静岡県)を開設します。「カジュアル・フライデー」導入。

平成9年 (1997年) トリンプアドバイザー派遣店舗1000店舗達成。トリンプ静岡センターで3年間をかけ2万本の植樹を計画して、植樹祭がスタートします。「Tシャツブラ」デビュー。

平成10年 (1998年) SPA型直営店舗1店舗目となる「AMO'S STYLE 三宮店」オープン。

平成11年 (1999年) トリンプ静岡センターISO9002認証取得。設立35周年。

平成12年 (2000年) 「恋するブラ」デビュー。IT部が国際規格CMMを取得。

平成13年 (2001年) SPA型直営店舗100店舗目となる「AMO'S STYLE 原宿店」オープン。「課長代行制度」導入。

平成14年 (2002年) 「禁煙奨励制度」の導入。

平成16年 (2004年) トリンプ・インターナショナル・ジャパン株式会社、設立40周年。設立40周年記念事業の一環として「トリンプ大東センター」の増築工事開始します。設立40周年を記念して女性だけのライブイベント「Truimph Lady Go Night」を実施します。SPA型直営店舗200店舗目となる「COSMETIC PURE 原宿店」オープンしました。

平成17年 (2005年)「トリンプ大東センタ-」を「トリンプ静岡センター」に改称しました。

平成18年 (2006年)「トリンプ静岡センター」の増築が完了して、正式に稼動しました。業界初のプライバシーマーク取得。

平成20年 (2008年) トリンプ静岡センターのISO14001を認証取得。

平成23年 (2011年)「SHAPE SENSATION」デビュー。「サマータイム」導入。

平成24年 (2012年) 本社、東京事務所ともに浜離宮三井ビルディングに移転。

下着から女子力アップ☆