日本のランジェリーメーカ―「ワコール」

「ワコール」創業の歴史

1946年に創業しました。本社は京都です。1946年に、創業者の塚本幸一が和江商事を創業して、アクセサリー販売を行っていたのが事業のスタートです。名前の由来は「江州に和す」。創業者の塚本幸一の父親の故郷近江、通称「江州」にちなんで付けられたといわれています。そして近江出身の息子(創業者)は、自分自身の戦争体験から「中国の揚子江の河岸に和を契りあった戦友たち」という思いも込められていました。

1947年 同級生の中村伊一と川口郁夫を招へいしました。滋賀県立八幡商業学校の同級生で、中村伊一は同校の臨時教員でもありました。

かわいい下着で彼を悩殺っ

1948年 アクセサリーの売上が伸び悩み始めていましたが、そんな頃取引先からブラジャーを紹介されます。戦争が終わった日本は、平和になり服装も和装から洋装に大きく変化していた時代でもありました。

1949年 京都百見本市でブラジャーを出品します。そして、針金をらせん状に巻いて、そこに布をかぶせてバストの形をうつくしくみせる「ブラパット」の取り扱いを始め、飛ぶように売れる大成功を収めました。そして塚本幸一が代表取締役社長に就任して、和江商事株式会社設立(1941年11月1日)しました。同級生の中村伊一は財務・経理担当、川口郁夫は営業を担当して、会社創立後ワコールの経営を牽引していきました。後に、二人とも副社長から相談役へとなりました。

1950年 社員は総勢10名の小さな会社ですが、塚本幸一は10年一節の『50年計画』立てます。そして高島屋との取引を開始しました。京都の縫製業者の、木原工場と専属契約を結びました。50年計画では、1950年代・国内市場の開拓。1960年代・国内市場の確立。1970年代・海外市場の開拓。1980年代・海外市場の確立。1990年代・世界企業の実現という50年計画でした。

そして、12950年に第一号となるブラジャーが誕生しました。そのブラジャーは101号と名付けられています。カップの内側にはブラパットを入れるポケット付きのブラジャーでした。そして、百貨店としては初となる高島屋京都店に下着売り場がオープンして下着の販売を始めました。

1951年 和江商事が木原工場を統合し、木原光治郎が代表取締役へ、塚本幸一が専務に就任し、製造部門を開始しました。

1952年 東京へ進出します。(塚本幸一が再び社長へ就任)そして、大阪にも出張所を開設して販路拡大を目指します。この年に日本で初となる「下着ショウ」を大阪阪急百貨店で開催します。男子禁制で行われたこの下着ショウは毎回超満員の大盛況でした。下着がどういうものなのか、まだ女性が知らなかった時代だったのです。隠すものとしていた下着が、おしゃれで楽しいものにショーアップされたことによって、日本女性が持っていた下着に対するイメージを変える事になりました。そして高島屋大阪店、東京の伊勢丹ホールでも「下着ショウ」は開催されることになりました。そして、雑誌や新聞にも広告掲載を行い、インナーウェアの注目が高まるとともに、下着に関しての啓蒙記事も増えました。

1956年 第一次下着ブームとなります。ブラ―ジャー・コルセットの他にスリップやナイトウェアと商品は広がっていきました。(1956年に、塚本幸一は2か月半にも及ぶ欧米視察旅行をします。欧米での下着の認知のされ方と日本での違い、また製造の技術の違いなど様々なことを感じた視察旅行だったようです)

1957年 ワコール株式会社へ商号変更します。「和江の名を永遠に留める」(=和江留)の意味を込めてワコールとなりました。東京三越日本橋本店にも出店することになり、取引店舗数は全国の百貨店109、小売店は593にまで躍進しました。そして、京都下京区(現本社地)に敷地1000坪の工場を開設し本社を移転しました。この頃には従業員数も500人を超え売上高も5億円を超えています。

1958年 京都・四条河原町に「ワコールブラジャー」等のネオン設置が話題となりました。

1959年 京都下京区に本社ビル完成。週刊誌で「ブラジャーでビルを建てた近江商人」と賑わせることになりました。

1964年 株式会社ワコールに改称しました。東京・大阪証券取引所第2部および京都証券取引所(現大証)に上場しました。

1970年  日本万国博覧会で「ワコール・リッカーミシン館」開館。

1971年  東京・大阪証券取引所市場第1部に昇格します。

1975年 子ども用の野球パジャマ(プロ野球12球団)をデザインしたパジャマを発売、ヒット商品になります。

1979年 創立30周年を機に従来使用されていたクローバーのマークにかわって、現在使用されているCIロゴ「ファッションフラワー」を制定しました。

1987年  塚本幸一が代表取締役会長、塚本能交が代表取締役社長へ就任します。

2005年 持株会社制に移行を10月に行いました。株式会社ワコールが「株式会社ワコールホールディングス」に商号変更。傘下に中核事業会社(新)「株式会社ワコール」を新設会社分割によって設立して、全事業を継承しています。

2008年1月 株式交換により、株式会社ピーチ・ジョンを完全子会社化しました。

2009年8月  株式交換により、ルシアンを完全子会社化しました。

下着から女子力アップ☆